糖尿病腎症と薬物療法と食事療法と水素

糖尿病腎症とは

糖尿病が悪化して腎臓が影響を受けると、尿を作るという機能が弱くなり、尿を作れなくなってしまうことがあります。

そうすると、透析治療の必要性が生じてきます。

透析治療は病院に週に2~3日通い、数時間の治療が必要になり、かなり仕事や日々の生活に影響が出てきてしまいます。

2011年には、透析導入の患者さんのうち44.2%は糖尿病腎症が原病です。

糖尿病腎症になったからといって、すぐに透析治療が必要になるわけではありません。

きちんと検査とコントロールしていけば、予防や重症化を防ぐことは十分可能なことです。

腎臓病の進行と治療

慢性腎臓病が進行すると、腎臓機能を元に戻すことはできません。

腎臓の働きを守っていくためには、薬物治療や食事の治療が中心になります。

また、水素を摂ることによって原病の糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながります。

薬物療法+食事療法+水素の摂取が大切ということです。

糖尿病になると糖尿病腎症になります。

糖尿病腎症が悪化すると透析が必要になります。

また糖尿病腎症の検査では、薬物療法、食事療法、運動、水素の摂取をコントロールします。

参考までにこちらのサイトもごらんください。

http://hydrogen-abc.xyz/

歯周病は気づかないうちに進んでいきます。

歯周病は歯肉と歯の間の溝(歯周ポケット)に入り込んだ歯周病菌による、炎症性の疾患で、当然健康保険は使えます。

歯周ポケット内の細菌や細菌から出る有害物質は血中に入り、全身に広がります。

その結果

  • 動脈硬化:歯周病が虚血性の脳卒中や心臓病のリスクを増大させるという報告があります。
  • 肺炎:口腔ケアにより肺炎の発症率が低下することが明らかになっています。
  • 糖尿病:歯周病は糖尿病の合併症ですが、歯周病による慢性的な炎症が糖尿病を悪化させることもわかってきました。
  • 早産・低体重児童出産:重度の歯周病があると、低体重児出産の危険性が増加すると報告されています。また、妊婦に歯周病治療を行うと、早産や低体重児出産が減ったという報告もあります。

この女性の低体重児出産は女性の妊娠中の女性ホルモンが影響していることも多々あります。

このような歯周病ではなく、女性特有のホルモンバランスの乱れによるものであればプラセンタのサプリなどを服用することで妊娠時のホルモンバランスを整えて正常出産に臨むこともできるかもしれません。

医療保険はムダ?

「入院の平均日数は約30日」をどう思う?

医療保険のパンフレットを見ると、その説明の中によく「入院の平均日数は約30日」というのがありますが、これは、厚生労働省の資料に基づいている数字のことですよ。

しかし、その資料の中には、4日以内に退院する人は33.3%、7日以内に退院する人は48.7%という数字もあります。なにかおかしいような気がしますが、入院患者の約半数は、1週間以内に退院をするということです。

もしも、入院日額5,000円の医療保険に入っていた場合、入院日数が7日間の場合、3万5,000円を受け取ることができます。

もしも手術をしたら、手術給付金が出るので、受け取る金額は手術代分が増えるはずです。

しかしですよ、入院をしたからといって、必ず手術をするとは限りませんよね。

実は入院はしたものの、手術を全くしないというしないケースが実は約7割に達します。

ということは・・・。

入院患者の多くは1週間以内に退院をさせられて3万5,000円の給付金を受け取るケースがほとんどということなのです。

これに対して、私たちが支払っている保険料はと言うと、40歳の男性で通販型の医療保険の場合、月額保険料が仮に2,000円だとすると、1年半の保険料は3万6,000円になりますよね。

そうすると1週間ぐらいの入院では、1年半の保険料と同額ということなんですよ。

2週間に満たない入院がほとんどという事実!

別のデータを見てみましょうか。

入院の平均日数は65歳以上で45日ですが、これに対して30~40歳の平均の入院日数は14.3日です。

なので2週間に満たないケースがほとんどと考えられますよね。

何がいいたいかというと、若い人は入院日数が短期間で、高齢者は入院日数が長くなります。

当然、医療保険の保険料も年齢とともに上がりますよね。

ちなみに60歳男性の月額保険料は4,500円ぐらいです。

ということは・・・

保険料を多く払っているのに入院をしても、ほんの少ししか給付金が出ない!

とうことになります

なので若い人達からは不服が出やすいわけなのです。

なので、実は、こうした不満解消を狙ったユニークな医療保険も発売され始めました。

入院1回に付き、入院をすると日数にかかわらず、一定の給付金(20万円)が支払われるという医療保険です。

短期入院の場合は絶対的にお得です。

とはいえ、20万円くらいでしたら、わざわざ保険で備えるよりも、いざという時に使える予備費として20万円ぐらいの貯蓄があったほうがいいのでは?

実は入院・治療の費用というのは実は、大きなリスクではありません。

入院の平均的な費用は1日1万円くらいなので、大半の人が1週間の入院ということを考えれば、保険でまかなおうと保険料を毎月支払うよりも、自己管理さえしっかりできれば、そのお金を貯蓄に回したほうがいいわけですよね。

貯金したお金なら、保険よりもずっと使い勝手がいいわけですから。

旦那の小遣いいくらが妥当?

業界や収入によって異なるでしょうが、一般的には、旦那の小遣いはいくらが妥当なのでしょうか?

世の中、景気がいまいちで、「お金が降ってこないかな」なんて冗談を言っている場合ではありませんが、さて、どれくらいがだとうでしょうか。

業種や収入により異なり、「一般的」や「普通」はあって無いような尺度です。

そのため、他の家庭とも比較できず、そして、旦那様とあなたの価値感でも異なるので、具体的な数字を表すことはできません。

ネットで「一般的な旦那の小遣い」などで検索すれば出てくる思いますが、その数字があなたの妥当より下回れば満足してもしても上回ればそれば検討材料にならなくなるのではないでしょうか。

まずはあなたが思おうお小遣いというものがどれくらいなのかを踏まえ、今の家計だとどれくらい捻出できるかを計算してみてはいかがでしょうか。

そして、旦那様自身が思う小遣いはどれくらいなのかを知り、それにあなたの主観で良し悪しをつけずに、家計状態から共に考えてみるのも一つの策です。

九州ふるさと納税

「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた”ふるさと”に自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」

そんな意見から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのが「ふるさと納税制度」

実際には都道府県。市区町村への寄付のことで、自分の生まれた故郷に限らず、どの自治体にもふるさと納税を行うことができます。

一番の特徴は、お米やお肉など、ふるさと納税をした地域の特産物などがお礼としてもらえること!

しかも、寄附した金額はその年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されるので、自己負担額実質2,000円でいろいろなお礼品があなたのもとへ!

複数の地域に寄附でき、より多くのお礼品をもらうことができる。

福岡県田川郡福智町

寄付額10,000円

本ズワイ蟹(脚)1kg

大分県佐伯市

寄附金10,000円以上

豊後とらふぐふぐちり鍋用約370g(3~4人前)

宮崎県都城市

寄付額10,000円以上

宮崎牛(都城産)ローススライス500g

鹿児島県志布志市

寄付額10,000円以上

志布志産高級メロン秘蔵っ娘紅玉1個

熊本県上益城群嘉島町

寄付額10,000円以上

大豆焼酎「嘉島」3本

長崎県佐世保市

寄付額10,000円以上

マルモ水産九十九島かき

佐賀県三養基郡上峰町

寄附額10,000円以上

九州産黒毛和牛切落としドカ盛1200g

保険の付帯サービス

「がん検診受診率50%達成に向けたキャンペーン月間」をご存知でしたか?

毎年10月、厚生労働省や自治体などが、がん検診の理解と関心を高め、受診率の向上とがん死亡の減少を目的として、様々な取り組みを行っています。

受診したくても、仕事などで日中に病院に行く機会が無い方は、加入している生命保険の”付帯サービス”を利用してはいかがでしょうか?

会社により内容は異なります。

保険の付帯サービス一例

①優待サービス

人間ドックや脳ドック、がんPET検診の他、糖尿病やピロリ菌などの郵送検査キットの優待サービス

②24時間健康相談サービス

夜間・休日の医療機関情報や育児・医療相談など、専門スタッフが受付

③セカンドオピニオン

最適な治療の選択サポートとして、総合相談医による”第2の意見”や、専門臨床医の紹介

④メンタルヘルスサポート

精神的な悩み・心の問題など、電話や面接などによるカウンセリングが可能。

不安や心配を和らげる一助に

がんに限らず病気になれば、思わぬお金や時間がかかる場合もあります。

日頃からの生活習慣や健康診断はもちろん、付帯サービスや啓発運動をきっかけに、早目の受診を心がけましょう。

 

お金にだらしない夫

今後どうすればいいかわかりません

夫と別居中で3歳と6歳の子どもと3人暮らしです。

夫は給料を家に入れず、パチンコによく行きます。

共働きで家事や育児は多少手伝っていましたが、夫を養っている生活が嫌になり、出て行ってもらいました。

1年間かかわらず、現在は週末だけ一緒に過ごしています。

仕事は日雇いで、家賃や光熱費など滞納しているようで貯金もゼロです。

離婚も考えましたが、子どもはお父さんが大好きなので、今あるお金で生活できるようになったら、一緒に暮らしてもいいかなと思っています。

今後どうすればいいですか。

あなたが心穏やかに暮らせる選択を

大きなお子様(夫)を含め、3人のお子様がいらっしゃるようですね。

目を閉じて、一人静かな場所でゆっくり想像してみてください。

あなたが一家の大黒柱となり生活していく覚悟があり、3人を養っていくのだと割り切って、幸せに暮らしていけるイメージが描けるのならば、同居も「あり」です。

その場合の秘訣は、くれぐれも夫を変えようと思わないこと。

そして、変わることを期待しないこと。

そのスタンスで明るく楽しく暮らしていくうちに、案外、夫は良い方向に変わっていく可能性はあります。

 

お得にできる九州応援

2016年4月に起きた熊本・大分地震。

夏休みやお盆、休日を利用して現地へ支援に行った方も多いと思います。

九州地域活性や支援の輪が広がることを祈念し、お得にできる支援の情報をご紹介。

自分にできる支援方法で、この夏を過ごしてみませんか?

ふるさと納税

税金の使い道が指定できる制度で、自分の郷里の事ではなく「震災の待ちに向け○○の建築」など、各自治体が提案している”使い道”に対して寄附します。

確定申告やワンストップ特例制度を利用することで、税金控除の対象となる場合もあります。

また、工芸品や特産品などを「お礼の品」として受け取れる地域もあります。

九州ふっこう割

九州観光の応援として、九州内の宿泊・交通費や日帰り旅行費が、最大で70~50%割引されます。

申し込み方法は、ネット系旅行サイトや、旅行会社窓口などです。

期間限定で、国の交付金活用のため、取扱い上限に達した場合は販売が終了されます。

これらのほかには「九州観光周遊ドライブバス」などもあります。