ファンデーションのグラデーション塗りで小顔になれる!

フェイスラインまできっちり
振らない方が自然でキレイ!

顔の丸みに沿って放射状に塗ると○

ファンデーションをフェイスラインまで均一な厚みでしっかり塗ってしまうと、のっぺりとした顔立ちになり顔が大きく見えてしまいます。
それを防ぐには、顔の中心からフェイスラインへ徐々に薄くなるようにファンデーションを塗ること。
これで顔が立体的に見え、小顔効果も生まれます。

まず、顔の中心に最初にファンデーションを塗り、それをフェイスラインに向かって放射状に少しずつ伸ばしていきます。
その際、途中でファンデーションを足さないことがポイント。
人とな話をするときに目線の集まる顔の中心さえしっかりカバーされていれば、肌は自然とキレイに見えるんです。

暗い場所でメイクをしてしまうとつい塗り過ぎてしまうので、自然光の入る明るい部屋でファンデーションを塗るのもナチュラル肌に仕上げるコツです。

ポイント:メリハリをつける明るさのグラデーション

明るい部分は広く、高く、暗い部分は狭く低くみえる明るさの対比によって、同じ面積でもそのものが大きくみえたり、小さくみえたりする目の錯覚が起こります。
ファンデーションを塗る際、顔の通信は明るく、フェイスブックは暗くなるように塗ることで、小顔効果が。
リキッド派にはランコムの”タン ミラク リキッド”が若い世代に、カバーマークの”モイスチュアヴェールクリーミィリクッド”が30代以降におすすめ。
パウダリー派にはイプサの”パウダーファウンディション”が、カバー力と薄づきを両立できます。

 



Comments are Closed