控えめシェーディング×ハイライトで日本流のコントゥアリングメイク

美しい鼻筋、整ったフェイスライン
やせ見え効果もメイクで作れます。

光と影でメイクして写真映えする顔に

ハリウッドセレブや欧米女性に人気のメイクで整形級の骨格を演出するコントゥアリングメイク術。
しかし、日本人が同じようにメイクするとトゥーマッチ。
そこで、日本人の骨格に合うコントゥアリングメイクにアレンジしました。

<用意するもの>

  • 茶色のマットな質感のシェーディングパウダー
  • 固形の白のコンシーラー
  • パール感のある白やピンクのハイライトパウダー

やり方は、スキンケア⇒ベースメイク⇒アイメイク&アイブロウ⇒チーク⇒白コンシーラー⇒シェーディング⇒ハイライトの順番に塗っていきます。
ナチュラルにメリハリのある顔になり、美人度がアップしますよ。

POINT
整形級の骨格を叶える海外でブームのメイク術

コントゥアリングメイクとは光と影の効果を利用することで、骨格の凸凹を強調、調節し美人に見せるメイク法。
ハリウッドセレブが火付け役となり、世界中で人気。

<コンシーラー>
Tゾーン、目の横のCゾーン、あごの先に入れることで、骨格に立体感を出す。

<シェーディング>
目頭横のくぼみにノーズシャドウで鼻を高くして。
小鼻両わきと鼻頭にV字形に入れ、鼻先をシャープに。
おでこの両端、フェイスライン、あごの裏部分に入れ、フェイスラインをすっきり整える。

<ハイライトパウダー>
目の下の△ゾーン、頬骨の上に入れ、レフ板効果で美肌に見せて。

POINT
バランスを見ながら塗り重ねて、変わったな、と思う加減でストップ。

Comments are Closed