歯周病は気づかないうちに進んでいきます。

歯周病は歯肉と歯の間の溝(歯周ポケット)に入り込んだ歯周病菌による、炎症性の疾患で、当然健康保険は使えます。

歯周ポケット内の細菌や細菌から出る有害物質は血中に入り、全身に広がります。

その結果

  • 動脈硬化:歯周病が虚血性の脳卒中や心臓病のリスクを増大させるという報告があります。
  • 肺炎:口腔ケアにより肺炎の発症率が低下することが明らかになっています。
  • 糖尿病:歯周病は糖尿病の合併症ですが、歯周病による慢性的な炎症が糖尿病を悪化させることもわかってきました。
  • 早産・低体重児童出産:重度の歯周病があると、低体重児出産の危険性が増加すると報告されています。また、妊婦に歯周病治療を行うと、早産や低体重児出産が減ったという報告もあります。

この女性の低体重児出産は女性の妊娠中の女性ホルモンが影響していることも多々あります。

このような歯周病ではなく、女性特有のホルモンバランスの乱れによるものであればプラセンタのサプリなどを服用することで妊娠時のホルモンバランスを整えて正常出産に臨むこともできるかもしれません。