糖尿病腎症と薬物療法と食事療法と水素

糖尿病腎症とは

糖尿病が悪化して腎臓が影響を受けると、尿を作るという機能が弱くなり、尿を作れなくなってしまうことがあります。

そうすると、透析治療の必要性が生じてきます。

透析治療は病院に週に2~3日通い、数時間の治療が必要になり、かなり仕事や日々の生活に影響が出てきてしまいます。

2011年には、透析導入の患者さんのうち44.2%は糖尿病腎症が原病です。

糖尿病腎症になったからといって、すぐに透析治療が必要になるわけではありません。

きちんと検査とコントロールしていけば、予防や重症化を防ぐことは十分可能なことです。

腎臓病の進行と治療

慢性腎臓病が進行すると、腎臓機能を元に戻すことはできません。

腎臓の働きを守っていくためには、薬物治療や食事の治療が中心になります。

また、水素を摂ることによって原病の糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながります。

薬物療法+食事療法+水素の摂取が大切ということです。

糖尿病になると糖尿病腎症になります。

糖尿病腎症が悪化すると透析が必要になります。

また糖尿病腎症の検査では、薬物療法、食事療法、運動、水素の摂取をコントロールします。

参考までにこちらのサイトもごらんください。

http://hydrogen-abc.xyz/