頑固なアイメイクは美容クリームで一石二鳥のオフ&ケア

メイク落としはオイルタイプよりミルクやジェルが美肌の近道!

アイラインはお風呂上がりにオフするのが正解

目元のくすみやシワに悩む人が加齢とともに増えています。
これは、アイメイクを落とすときに、こすっていた代償。
皮膚の薄い目元は絶対にこするのはNG!
オイルクレンジングは皮脂をとりすぎてしまうものもあり、乾燥の引き金にも。

そこで、洗浄成分が弱めのミルクやジェルタイプのクレンジングの出番。
ミルクだと、ジュリークの”クレンジングローションリプレニッシング”、ジェルだとドクターベルツの”アンティアクリーンジェル”が優秀。
使い続けるほどに肌がやわらかくなります。
とはいえ、ミルクやジェルはポイントメイク落としにはちょっと不向き。

なので目のきわ以外の部分は入浴前に落としておき、入浴後に目のきわに残ったアイメイクを美容クリームで落としちゃいます!
浴室の蒸気でアイラインが浮きやすくなっているため、綿棒にクリームをつけて、アイラインに沿って綿棒を滑らせると簡単にオフできます。

スキンケアで使う美容クリームでアイラインすっきり!

綿棒に美容クリームをつけ、目のきわに残っているアイラインやアイジャドウになじませる。
反対側の何もついていない綿棒でクルクルとふきとると、こすらずにキレイにメイクオフできる。

ポイント
お湯で落とせるマスカラやアイライナーが出ているので、落とす負担を考え、落ちやすいメイク品を選ぶことも賢い美容テクのひとつ。

 



Comments are Closed